2015年02月26日

『Matching HUB kanazawa2015』ご来場のお礼

Category:お知らせ
 2月23日(月)金沢ANAクラウンプラザホテルで開催されました『Matching HUB kanazawa 2015』では、私どものブースにたくさんの方々にお立ち寄りいただき、
厚くお礼申し上げます。
 興味を持たれた点や、お気付きの点がございましたら、お気軽にお問い合せいただければ幸いです。
 まずはご来場のお礼を申し上げますと共に、なお一層のご指導を賜りますよう
お願い申し上げます。


                       協同アルミ株式会社 
                         代表取締役  森 宏輔


1分間プレゼン  発表者 木下 茂        
  

繧ュ繝」繝励メ繝」3_convert_20150226153236.png

繧ュ繝」繝励メ繝」2_convert_20150226152853.png


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!

このページの先頭へ
2015年02月18日

『Matching HUB』kanazawa2015 に出展します!

Category:お知らせ
2015年2月23日(日)に石川県金沢市ANAクラウンプラザホテルにて
開催されます、『Matching  HUB』 に出展いたします。
 

    開催日時                       2015年2月23日(日)

    開催時間        10:00 ~ 19:30

    開催場所        ANAクラウンプラザホテル
                 石川県金沢市昭和町16-3
                 TEL  076-232-8111 

    出展ブースNo             81


  ご多忙中とは存じますがお誘い合わせの上、多数のご来場をお待ち申し上げます。
    
                          『Matching  HAB』 kanazawa 2015

                           

 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!

このページの先頭へ
2014年11月11日

『アグリビジネス創出フェア』出展の案内

Category:お知らせ
 弊社は、マイクロ水力発電の開発を、石川県立大学と共同研究
しています。
この度、『アグリビジネス創出フェア』にて、研究成果
並びに、弊社が製作しましたΦ450mmマイクロ水力発電機の展示・説明を致します。
 ご多忙中とは存じますがお誘い合わせの上、多数のご来場をお待ち
上げます。

    日時      11月12日(水)~14日(金)    
               10時~17時
 
    場所      東京ビッグサイト  西4ホール

   小間番号     環ー88



   参考資料 『川に合わせ最適化可能な螺旋水車の開発と
                    マイクロ水力発電の推進』
    
キャプチャ.PNG


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!

このページの先頭へ
2014年02月07日

☆北日本新聞に掲載されました☆

Category:お知らせ

平成26年2月7日(金)の地元新聞(北日本新聞)に当社の記事が掲載されました。


発電用らせん水車開発 協同アルミ

北日本新聞 2月7日(金)8時53分配信

発電用らせん水車開発 協同アルミ

協同アルミが小川に設置している「らせん水車」の模型機=高岡市戸出春日

 アルミ製品製造の協同アルミ(高岡市戸出春日、森宏輔社長)は、アルミ形材を曲げる独自の加工技術で、小規模なマイクロ水力発電用の「らせん水車」を開発した。石川県立大との産学連携で試作や実験を重ねており、来年にも商品化したい考え。将来はアジアやアフリカの開発途上国での電力供給も視野に入れる。

 協同アルミは、らせん水車の羽根を、アルミ押し出し形材の「分割曲げ技術」と呼ばれる3次元加工で製造しており、特許出願している。

 らせん水車は、一定の水流がある小川などに設置してマイクロ水力発電に活用できるとして、同社近くの小川でも実験中。農業用の温室や一般住宅の冷暖房などの動力源となると見込む。らせん構造のプロペラはマイクロ水力発電だけでなく、熱交換器やポンプ、粉体搬送機器などに応用し用途拡大できるという。

 らせん水車の発電能力は、断面の直径が15センチで6~10ワット、45センチで200~500ワット、90センチの大型では1キロワットが可能。大型1基で住宅1軒分の使用電力分を賄うことができるとみている。

 石川県立大とは約1年前から共同研究しており、模型機を試作して羽根の枚数やピッチ(間隔)など最適構造を調べている。

 らせん水車はコンパクトな構造で、低落差でも稼働効率が良く、維持管理しやすいといった利点がある。大正時代から昭和初期には農業用の動力源として全国で活用されていた。

 海外では、インフラ整備が進んでおらず、家電製品の電源として自動車用バッテリーを活用しているような開発途上国での活用を想定している。

北日本新聞社


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!

このページの先頭へ
2013年11月11日

FITネット商談会(11月6日)に出展!!

Category:お知らせ
10月の「アグリビジネス創出フェア」に引き続き、「FIT商談会」(会場:富山産業展示館 テクノホール)に出展し、一緒に実験をしている石川県立大学の学生さんや、弊社の矢島課代が説明に立ちました。今回は「せんぷうき君も初参加し、Φ900の展示水車が、わずかな風でもよく回ることを実証しました。「マイクロ水力も良いが、風力発電でも使えそうだね!」との声が多く聞けました。
改めてご来場の皆様へお礼を申し上げますと共に、なお一層のご指導を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。
                                                              
      FIT3_convert_20131111171955.png


 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!

このページの先頭へ

CORE TECHNOLOGIES コア技術
MATERIAL.VARIATION 加工とバリエーション
とやまの名工 木下茂

協同アルミ
お気軽にお問合せください

三協立山アルミ
三協マテリアル株式会社
新光硝子工業株式会社
一般社団法人 日本アルミニウム協会
社団法人 高岡アルミニウム懇話会